銀行系フリーローンを金利や審査など比較して上手に借りる!

低金利で即日審査結果が出る銀行系フリーローン!

 銀行系フリーロンの利用を考える際に、金利・審査基準・借入限度額で比較してから賢く利用しましょう。様々な角度から皆さんカードローンを利用する際に検討されています。そこで、銀行系カードローンはメリットとして消費者金融では貸金業法の総量規制の対象外ですから、年収の3分の1以上の借入れも審査の結果によっては可能ということになります。

 また、即日融資が可能なのは消費者金融というイメージがありますが、今日では申し込みの時間帯にもよりますが条件が合えば即日で審査結果がわかり、借り入れも身近なコンビにATMでもかのうという手軽さです。

 いくらを、どのくらいの期間借りるのかによっても金利は大事なポイントになってきますので充分お考えになってから、参考にしてみてください。以上の事から、利用目的が明確である住宅ローンや自動車ローンに比べると若干ですが金利が高くなりますが、総量規制を気にせず借りられるので高額融資を希望の方にピッタリです。

銀行系フリーローンのおすすめ比較ランキング

(1)モビット

 申込みはネットから10秒で審査結果が表示されます。コンビニなどの提携ATMで借入ができて使い道も自由なのでイザというときのための余裕ができます!

(2)プロミス

 ネットからの申し込みは必要事項を入力すると自動審査で最短1秒で回答が出ます。初めての利用の場合は30日間金利が無料なのでお得です!

(3)

 銀行系フリーローンは比較して上手に利用しましょう。

銀行系フリーローンの体験談

 一生に一度の結婚式と、新婚旅行は派手にやりたいと二人で決めたので、挙式を身内だけでやればこんな言い方が合っているかはわかりませんがプラスになるとアドバイスされたのですが、盛大に約100人ほど招待しました。本当に満足のゆく披露宴ができ、その後の新婚旅行も、豪華にグアムに行きました。滞りなく順調でしたが、やはりその後増税や不景気の時代として生活費や娯楽費用として給料が増えない中、失費はジワジワと増える一方でしたね。

 そこで娯楽費用として外食を減らすなど実践してみたものの、それによるストレスが増えるのもどうなのかと夫婦で話し合った結果、お金は後からでもついてくるものだと信じ、お金を借りるという選択をしました。そこで金利の面と安心感があるという視点で選んだのが、銀行系のフリーローンでした。こういった内容の相談は友達でもなかなかしにくいのでネットから得られる情報というのはとても役立ちました。中でも信頼できそうなサイトを比較して選び、利用した体験者の方のエピソードなんかは参考になりましたね。そして審査と言うのは忘れた頃に連絡が来るというイメージでしたが、即日回答が得られたのでイメージとは全く違って驚きました。

 人生において節約も大事ですが、そればっかりでは楽しみが無くなってしまいますので、気分転換は必要なんだと痛感させられました。今後ともお金を借りているからこそ良い緊張感があり結婚後の生活をより楽しんでいます。

銀行系フリーローンのQ&A

Q1.いくつもある銀行系フリーローンから自分にピッタリの会社を見つけるポイントは?

A1.まず、しっかりと全体像を把握しましょう。いくらフリーローンだからと言って、むやみに設定金額を決めてはいけません。ある程度目的を決めてから、総収入より、月々の返済が可能な金額をまず把握する、それによっていくらまで借りられるのかがおのずと出てきます。そこで計算が苦手な方には返済シミュレーションというの便利なサービスが各会社WEB申し込みの際は一緒にご利用できますので上手に活用してみてはいかがでしょう。

Q2.アルバイトやパートでも借りられますか?

A2.はい。定期的に安定した収入があればアルバイトやパートでも可能です。各会社で限度額が異なりますが、50万円~300万円までは収入証明(源泉徴収票)が不要のところもありますので活用したいところですね。来店不要でWEBにてお金の借り入れが完了し、保証人や担保が不要というのも最大の特徴と言えるでしょう。ですから正社員でなくても大丈夫ですが、短期のアルバイトとなると、定期的ではないので確認を求められることがあるかと思いますので注意が必要ですね。

Q3.金利の幅が広いのは何故ですか?

A3.融資してもらえる金額によって金利は変化するので、借りる金額によって個別で金利が変わってくるので幅があるということになります。どこの銀行も最小金利から最大金利を提示していますが、最近の傾向としては約4%~約15%というのが平均の様ですね。融資金額が高ければ高いほど比較的金利は低くなるシステムになっていますので、銀行系のフリーローンの活用方法として他の機関に借り入れがある場合はおまとめするというメリットがあります。