銀行系カードローン選びの比較ポイントは?

銀行系カードローン比較 > 銀行系カードローンの比較ポイントについて

銀行系カードローンを比較する際のポイント紹介

銀行系カードローンの比較について

銀行系カードローンは比較した上で選びましょう

 都市銀行や地方銀行、ネット銀行がカードローンと呼ばれる金融商品を提供しています。サラリーマンやOLを中心として、幅広い顧客のニーズに対応したものばかりなので、近年利用者が急増しているのが特徴的です日々の暮らしにおいては、付き合いや冠婚葬祭等で急に纏まった現金を必要とするシーンも珍しくありません。家族や友人等からは借りにくい面もありますので、財布に1枚カードを持っていれば、お金に纏わるピンチを凌ぐ事が出来るでしょう。様々な金融機関がカードローンを提供していますので、どれが自分に合っているのか分かり辛い可能性があります。

 そんな時は、徹底的に比較した上で納得のいく一枚を選んで下さい。比較するポイントは幾つかありますが、まずは何と言っても利息です。ローンを利用した場合、元金に加え利息を返済していかなければなりませんから、安ければ安い程お得になります。初回利用時や一定期間に限り、無利息のキャンペーンを行っている金融機関もありますので、しっかり調べる事が肝心です。

 次に、借入限度額の違いを比較してみて下さい。年齢や職業といった様々な条件により審査結果は異なってくるものの、なるだけ沢山借り入れたい場合は借入限度額が大きい金融機関を選びましょう。そして即日融資が可能かどうかも、重要な決め手になります。直ぐにでも現金を手にしたい時、口座に即日振り込みを行って貰えるだけで、精神的にも落ち着くかもしれません。出来るだけ即日融資が可能な、カードローンをぜひ選んでみて下さい。

銀行系カードローンを利用する際の比較ポイント

 カードローンは多くの種類があるため、初めてカードを作る場合はどの会社を選択すればいいのか迷ってしまうことと思います。そこで自分の利用にもっとも相応しい会社を選択するために、まずはいくつかのポイントを押さえておくことが大切です。まずは、金利と手数料についてです。改正貸金業法により、金利は最大で20%になっています。会社により、最大の20%の金利での貸し出しを行っているところもあれば、それ以下の金利で貸し出している会社も多くあります。

 借入額、返済期間により金利は変動しますが、初めての利用の場合、よほど高額でない限り上限金利での借入を行うことになります。初めて利用するという方は、その上限金利に目を向けが少しでも低い会社を選択するようにしましょう。

 そして、次に手数料です。借入、返済にかかる手数料も会社ごとに違います。決められたATMでの利用に限り手数料が無料となっている場合もありますので、自分にとって利用しやすい借入、返済方法にかかる手数料の有り無しにはよくよく目を通しておきましょう。

 そして、もう一つ。自分が必要とする額を借りられるかどうかという点についてです。消費者金融の場合、総量規制で年収の3分の1までしか借りることが出来ません。それ以上の額を借り入れしたい場合は、消費者金融系よりも審査は多少厳しくなりますが、総量規制の対象とならない銀行系のカードローンを利用することで、借入を行うことが可能となります。カードローンの会社選びはこうしたポイントを比較し、自分の利用に相応しい会社のサービスを選択するようにしましょう。

メニュー