銀行系カードローンの種類について

銀行系カードローン比較 > カードローンの種類について

銀行系カードローンの種類の概要を説明

銀行系カードローンの種類について具体的に紹介

 三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行など多くのカードローンが存在しており、どれにしようか悩まれる方もおられると思います。しかし、この銀行以外のものもそうですが、比較してみるとどの銀行も違うものになっています。その理由の一つが、限度額です。

 限度額を見てみると、三菱東京UFJ銀行の場合は10~500万円、三井住友銀行の場合は10~800万円となっており、限度額が多いのは、みずほ銀行の10~1000万円です。多くの人の場合はやはり多く借り入れをしてしまい、上限の1000万円のみずほ銀行を選ばれる方が多いと思いますが、必ず1000万円を借り入れるわけではありません。その理由はローンを組む場合、審査があることです。

 この審査は銀行が行うもので、あなたの収入、職業、勤続年数、借入状況などを見て審査を行います。中で重要視されるのは収入と借入状況で、収入が少ないとそれだけ借りる限度額が下がりますし、借入状況が悪い場合も最悪の場合借りることができない場合もありますので注意が必要です。さらに銀行の場合、メーカーによって違いますが、多ければ金利が低くなるという設定になっているところが多いですが、それでも多くの額を借りるのは勇気が必要です。又、返済額の中には、月額の支払いの他に利息を払う場合もありますので銀行に問い合わせてみてください。借りる場合はメーカーによりますが、自分の財布と相談を行ってからローンの申請を行うことをおすすめすると同時に、無駄のない借入を行うことを私はおすすめします。

メニュー