精力剤の知っておきたい成分は?

精力剤の知っておきたい成分は?

 精力剤の成分は非常に多く、販売されている商品によって大きく違います。主な成分を知っているだけでも、購入する時の目安になりますので覚えておくと良いでしょう。まず、精力剤で使用されている成分には、医薬成分とその他の成分があります。医薬成分が含まれている精力剤は、一般的に医療機関で処方されるようになります。

 

 医薬成分としては、テストステロンやメチルテストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビンがあります。テストステロンは男性ホルモンの一種で、精子の生成に関与しています。精子が減少すると性欲減退になることもありますので、テストステロンは性欲増強に効果があります。メチルテストステロンは、テストステロンにメチル基を結合させた合剤ホルモン剤で、テストステロンよりも強力な男性ホルモンの作用が期待できます。ストリキニーネは、勃起中枢に刺激を与えるため、強壮剤としての効果があります。ヨヒンビンは、勃起中枢を興奮させる作用と男性器の血管を拡張させる効果があります

 

 その他の成分としては、オットセイやマムシ、サソリ、スッポン、ニンニク、マカなどがあります。オットセイは、末梢血管を拡張させ、男性器の勃起を促す作用があります。マムシは、タウリンやメチオニン、チロシン、グルタミン酸などを含み、血行促進や滋養強壮効果も期待できます。サソリは、アミノ酸を豊富に含んでいますので、強壮作用があります。スッポンとニンニクは、良く言われるように、滋養強壮や疲労回復に効果を発揮します。マカは、豊富なミネラルを含んでいて、滋養強壮に効果があります。

 

精力剤の成分を目的別に選ぼう!

精力剤の成分を目的別に選ぼう!

 精力剤は、その目的別に3つに分類することが可能です。それぞれの目的別に詳しく見ていきましょう。

 

 1つ目は、勃起力を強化する目的で作られたものです。性欲はあっても、加齢などのせいで勃起力が衰えることはよくあります。また、行為の最中に萎えてしまうこともよくある問題です。そんな時には勃起力を強化する精力剤を選んでみましょう。もしくは、勃起改善に特化したED治療薬という手もありますが、ED治療薬と精力剤は厳密には違います。

 

 次は精力増進を目的とした種類です。精力増進の結果、勃起力も強化されることもあるので、上記の種類と重複することもあります。ただ、勃起だけに焦点を絞ったわけでなく、性的刺激を感じやすく性欲が高まりやすいのがその特徴と言えるでしょう。マカ、シトルリン、ヨヒンビンなどの天然由来成分を含むものが多いです。

 

 第三は、ペニスのサイズアップを目的とした精力剤です。といっても、物理的にノーマル時のサイズが劇的に大きくなるとは期待しない方がよいでしょう。成長期を過ぎてから大きくしようと思ったら外科手術ぐらいしかありません。精力剤という意味では、勃起時にペニスに流れ込む血流を増やしてより大きく勃起させる目的です。そのため、第一、第二の精力剤と重複する部分もあります。

 

 細かく考えると、ほかにも媚薬効果や早漏改善などの目的別に分類することも可能です。ただここまで見てきたように、精力を増進し、勃起力を強化することがどの種類の精力剤でも主眼と言えるのではないでしょうか。どの目的に特に力を入れているのかが精力剤を選ぶ際のポイントとなります。

 

精力剤の成分を医薬品・医薬部外品・サプリメント別に紹介

精力剤の成分を医薬品・医薬部外品・サプリメント別に紹介

 単に「精力剤」と言っても、その意味するところはとても広いです。厳密に分類すれば医薬品、医薬部外品、サプリメントの3つに大別できるため、それぞれの種類にどのような成分が配合されており、それがどのような効果をもたらすかを知っておきましょう。

 

 医薬品に分類される精力剤には、医師の処方が必要なものと、ドラッグストアで薬剤師から購入できるものがあります。男性ホルモンの一種であるテストステロン、そのテストステロンをもとにしたメチルテストステロン、そのほか、ヨヒンビン、ストリキニーネなどの医薬成分が含まれているのが大きな特徴です。精力増進や勃起力強化などの効果が期待できます。錠剤タイプや軟膏タイプなど種類が豊富です。

 

 医薬部外品とは、医薬品ほど強力な効果が期待できるわけではないが、後述するサプリメントよりも効果が期待できる厚生労働省の認可を受けた成分が配合されているものです。たとえば、栄養ドリンクによく配合されているタウリンがあります。これはサプリメントには配合できません。心不全を改善するための薬に用いられるように、勃起力の改善や精力増強が期待できるでしょう。

 

 サプリメントとは、食品法的に分類すれば一般の食品と変わりません。そのため、医薬品や医薬部外品に含まれるような医薬成分を配合できないのが特徴です。その代わり、ビタミンB、アルギニン、亜鉛などの精力に関係すると考えられるビタミン、ミネラルを多く含んでいます。医薬品ではないため、即効性がないのが大きな特徴です。食生活の改善によって体質を変え、その結果、精力増強を果たすことを目的としています。

 

精力剤を成分別に選ぶ際の注意点

精力剤を成分別に選ぶ際の注意点 精力剤の成分というと、スッポンやマムシなどの滋養強壮に良いとされる材料をイメージする方が多いのではないでしょうか。しかし、スッポンやマムシは動物名であり、成分名ではありません。たとえばマムシなら、必須アミノ酸が豊富などの特徴があります。精力剤を選ぶ際は、具体的にどのような成分が配合されているのかに注目しましょう。

 

 成分に期待できる効果で言うと、医薬成分が配合された精力剤がベストです。テストステロンなどの男性ホルモン、ヨヒンビンなどの勃起障害の改善作用がある成分などが含まれています。たとえば、性欲はあるけれども過去のコンプレックスなどでいざという時に勃起しないというケースに効果的です。

 

 逆に、持久力アップのための精力剤には、ペニスの感覚を麻痺させる麻酔成分を含むものがあります。このタイプは、精力はあり勃起もするが早漏に悩む人が使用するためのものです。持久力がアップするとはペニスが鈍感になるということですので、勃起力改善のために精力剤を求めている方は選ばないように注意してください。

 

 医薬品ではなく、サプリメントに分類される精力剤は多種多様です。冒頭でも触れたスッポンやマムシのほか、サソリ、オットセイなどの精力の強そうな動物から取れる成分が目立ちます。ただし、「なんとなく効果がありそうに思う」という理由で選ぶのはダメです。サプリメントは不足しがちな栄養成分を補うためのものですから、食生活を改善しつつ、それでも足りないと思われる成分に注目して選んでください。

 

 上記の注意点を参考にしつつ、ご自分の悩みにぴったりの精力剤を選んでください。

精力剤の成分は目的に合ったものを選ぶことが大切です記事一覧