銀行系カードローンの審査に落ちてしまう理由について

銀行系カードローン比較 > カードローン審査 > 審査に落ちてしまう理由とは

銀行系カードローンの審査が通らない理由が知りたい

銀行系カードローンの審査が通らないのには意外な理由があった

意外な理由で審査に落ちてしまうこともあります

 銀行系カードローンに申し込んだにも関わらず、審査で落とされてしまってお金を借りられなかったという人もいるでしょう。落とされてしまう理由としては、安定した収入がないこと、そして、過去の借り入れの際に返済でトラブルがあったこと、の2つがもっとも多いのですが、その他にも意外な理由で審査に落ちてしまうことがあります。次に紹介するようなポイントについて注意しておくと、審査落ちのリスクを減らすことができます。

多重債務は審査に大きなマイナス

 すでにカードローンを利用している人の中には、複数業者から借り入れをしている人も多いのではないのでしょうか。借入件数の多い人は金融機関から見て評価が大きく下がってしまう要因の一つです。というのも、たとえば200万円の借り入れをする際、5社から40万円ずつ借りるよりも1社からまとめて200万円を借りたほうが金利が低くなり返済も楽になります。それにもかかわらず複数の業者から少額の借り入れをするのは、その人に200万円をまとめて借りるだけの信用がないという評価につながってしまうのです。また、複数の業者から借り入れをしている、いわゆる多重債務者は他の借り手と比べて返済に困る人が多く、そういった理由からも評価が下がってしまうのです。もしも複数の業者から借り入れをしている場合には、おまとめローンなどを使って債務を一本化しておくと良いでしょう。

申し込みブラックとは

 申し込みブラックとは、カードローンの申し込みを複数業者に同時に行うことを意味していて、審査での評価を大きく下げてしまう要因となります。なぜ、同時に複数の業者に融資を申し込むと評価が下がってしまうのかというと、複数の業者がその人に融資を行ってしまうと、その合計融資金額が返済能力を超えてしまう可能性があるからです。同時申し込みがわかった場合には、たとえ融資条件を満たしている場合でも融資が行われないことがあるので注意が必要です。

クレジットヒストリーも大切

 何度もカードローンを利用している人はお金にだらしないと思われて審査に落ちてしまうと考えている人も多いですが、それは違います。繰り返し利用していても返済をきちんと行っている利用者は業者にとっては一番の上客ということになります。それよりも一度もお金を借りたことのない人のほうが評価は低くなります。評価を上げるためにスマホの分割購入をするなどクレジットヒストリーをつくっておくことも大切なポイントです。

メニュー