銀行系カードローンの審査に必要な書類

銀行系カードローン比較 > カードローン審査 > 審査に用意しておきたい書類

銀行系カードローンの審査を受ける際に必要な書類について

銀行系カードローンを申し込みに必要になってくる書類の詳細

身分確認ができる書類

 銀行系カードローンは、消費者の返済能力を信用して融資をする信用商品です。そのため不動産等の担保や保証人は必要ありませんが、審査を行うにあたり、身分を証明できる書類を提出しなくてはなりません。カードローン契約に当たり、必ず必要になるのが身分証明書です。身分確認の書類には、運転免許証が求められます。ただ、運転免許証を交付されていない方は健康保険証でも問題はありません。また、カードローン会社によっては、パスポートや住民票でもOKとしていますので、事前に確認して用意しておきましょう。

現住所を記載した書類

 こちらは主に、身分証明書に記載されている住所と現住所が異なる場合に限りますが、その場合は現住所を記載した書類の提出も求められます。現住所確認のための書類には、自宅へ届いたハガキ、電気や水道などの公共料金の明細書などがあります。この内のいずれか1点で構いません。

収入を証明する書類

 貸金業者での融資契約を対象にし、1つの債権者からの利用限度額が50万円を超える場合、及び全ての債権者を合わせた利用限度額が100万円を超える場合にのみ収入を証明する書類も必要になります。収入確認のための書類には、源泉徴収、確定申告書、税額通知書、納税証明書、所得証明書、給与明細書があります。この内のいずれか1点、最新のものを用意してください。

その他の書類

 消費者の状況に応じて、上記の確認書類以外にそれぞれ求められる書類もあります。例えば学生の場合は学生証と保護者の直筆のサインが必要ですし、配偶者貸付を利用した場合は配偶者の直筆サイと、配偶者との婚姻を確認するための書類の提出が必要になります。ちなみに、原本は渡しません。書類の提出は写しをカードローン会社に送りますので、間違っても原本をそのまま送ってしまわないようにしましょう。書類確認がスムーズに行えないと融資もスムーズにとはいかなくなります。そのため、問題なく契約したいのなら、予め、どんな書類が必要になるのかを確認しておくことが大切です。

メニュー