銀行系カードローンの審査について

銀行系カードローン比較 > カードローン審査 > 審査はどの様に行われているか

銀行系カードローンの審査のシステムを紹介

銀行系カードローンの審査方法や必要な書類について

審査は非常に簡単

 銀行系カードローンの審査は、現在非常に簡単に行われています。カードローン会社のホームページ上にある申し込み専用ページにアクセスし、そこから必要項目を正しく記入して送信するだけですので大きな手間はありません。申し込みが完了したら後は結果を待つだけです。早ければ最短30分でメールもしくは電話で連絡を受けることができます。

パソコンのスコアリング形式で審査

 即日融資が可能な銀行系カードローンでは、パソコンによるスコアリング形式が導入されています。予めパソコンに審査基準となるデータ登録しておき、申込者のデータをそこに当てはめてポイント化する仕組みです。この結果、申込者の属性が基準ポイントを上回ればOKということになります。また、属性のスコアリングは通過できても、融資を受けられるか否かは他社の借り入れ状況によって変わります。

仮審査で結果の目安を知る

 1社に落ちてしまったとしても、他の会社があるので諦める必要はありません。ただ、次の申し込みも落ちてしまったら・・・と思うと不安も残ります。そこで事前に、お借入れ診断を受けてみましょう。お借入診断は名前、年収、他社の借入状況などの簡単な情報だけで仮審査を受けることができるサービスです。あくまでも簡易的に出した結果なので、本審査の結果はどうなるかは分かりませんが、審査が不安な方は試してみる価値はあるでしょう。

確認されること

 カードローンでは身分証明書が必須です。また、身分証明書と現住所が異なる場合は、現住所が証明できる書類も用意しておかなくてはなりません。さらに、稀なケースですが、収入証明書も必要になる場合があります。必要書類としては以上ですが、他にも会社へ在籍確認がされます。在籍確認は担当者が個人名でかけるため、それが金融会社からの連絡だと職場にバレる可能性はありません。本人が電話に出られなくても在籍している確認が取れればOKなので、基本的には1回しか連絡はないでしょう。ちなみに収入証明書の提出で在籍確認を拒否することも可能です。

メニュー