銀行系カードローンの審査は借り手のどこを見ているのか?

銀行系カードローン比較 > カードローン審査 > 審査ではどんな点を見られるか

銀行系カードローンの審査を通るには審査について知っておこう

銀行系カードローンで審査を通るいくつかのポイント紹介

お金を借りるためには審査に通過することが不可欠

 カードローンを利用する際に多くの人が心配するのは、審査に通過できるかどうか、ではないでしょうか。これに通過しなければ金融機関からお金を借りることができないのですから、不安に感じるのも当然のことでしょう。では、カードローンの審査ではどのような点を見られているのでしょうか。

一番大切なことは安定した収入があること

 まず、お金を借りるために満たすべき最低条件は、毎月安定して収入を得ているのかどうかという点です。この条件を満たしていれば限度額の大小に違いはあっても、お金を借りられる可能性が高くなります。逆に、無職で収入のない人がお金を借りようと申し込んでも、審査で落とされてしまうことになります。というのも、金融機関がお金を貸す上で再優先に考えるのは、しっかりと返済してくれるかどうかということです。ですから、安定した収入があって返済能力さえあれば、申し込み者が契約社員やアルバイト・パートといった非正社員であってもお金を貸してくれます。

過去の返済で問題を起こしていないか

 もう1つ重要なポイントは、過去に返済で問題を起こしていないということです。先程も言ったように、金融機関がお金を貸すときにもっとも重要視するポイントは、返済能力の有無です。ですから、過去にカードローンを利用して借りたお金の返済を何度も滞納したり、返済ができずに債務整理を行ったりした経験がある人は、審査での評価が大きく下がってしまいます。仮にブラックリストに掲載されていると、少なくとも数年間はお金を借りることができないので注意が必要です。

総量規制にも注意を

 最後に、申し込みの際には総量規制についても確認しなければなりません。総量規制とは個人の借り入れを年収の3分の1までに制限する法律です。つまり、どんなに年収の多い人出あっても年収の3分の1を超える借り入れはできないということです。ですから、すでに借り入れがこの額に達している場合には自動的に審査に落とされてしまいます。ただし、総量規制は貸金業者に対してのみ適用されるので、銀行のカードローンには適用されません。総量規制が問題になる場合には銀行からの借り入れを考えましょう。

メニュー